natural care life

carelife.exblog.jp
ブログトップ

見返りの無い「心」のあり方

毎日来てくれる元気なおじいさま。。
今日は胃の調子が悪いと言う事でハーブティーをお出ししました。

カモミール、レモングラス、レモンバーム、ワイルドストロベリー・・・

しかし、まだ何か様子がおかしいのでもしかしてのカンで「痛風大丈夫ですか?」
とお聞きしたところ、「あーーそれが4日前からまた発作が始まって此処へ来るのに
大変だった・・・」と。。。一年発作が無く、大丈夫だったらしいのですが、
完治したと思い、油断をしたと話していました。。。

かなり辛そうでした。片足を引きずってでも階段を上がり、私に会いに来てくれたと
思うと本当に嬉しく、何か私に出来る事はないかと考えているうちに
あっという間に時間が経ち、結局「我慢しないでちゃんとクーラーの効いた部屋に
いて下さいよ。」と痛風に効果のある手当ての仕方をお伝えしただけでした。。。

頭で考えてばかりだからとっさにあれこれ考えてしまう。。。
この前も「はい、これお中元代わりに・・・・」と手に入れる事の困難な
無塩バターを買って持って来てくれました。
「スーパーに行ったらバターがあってね、そう言えばバターが手に入らなく
なったって困ってたのを思い出してとっさに買ったからどうぞ使ってみて」

見返りも期待も何も無い。。。その差し出されたバターはキラキラと光っていました。

期待を持つものや行動はその人を通して伝わって来ます。
期待の無いものは輝きがあります。そして残存がいつまでも心に残るのです。
物の場合、期待の含まれる物は無くなったり、割れたりと何らかの形で
私の手元から姿を消します。

人との交流もです。期待があったり、見返りがあると自然に離れて行きます。
こちらから離れる場合もあります。
大切だと思う人とは何となく上手く時間が流れ、長いお付き合いになったりします。
心のゆとりを持つ事をこれからは学んでいかなくてはと・・・

バターよりも大切な物をまた、頂きました。
たまにと言うかしょっちゅうですけど、人間の出来ていない私は
大事な事をスコーンと忘れてしまっている時があります。。

そんな時、このおじいさまのような「心」で私を揺り動かす事柄に出会います。
よくよく思えば沢山あります。毎日あります。ハートに矢が刺さる感じです。

姪っ子は私によく手紙をくれます。小学校の3年生。その手紙には
「おばちゃんは大事な宝物です。めぐはおばちゃんが笑っている時も、
怒っている時も、どんな時もおばちゃんが大好きです。ずっとおばちゃんと
一緒にいたいです。」と熱烈な手紙をくれます・・・

こんな純粋な気持ち。。。私も子供の時あったと思うが、いつからなくなったんだ・・・
いろいろ考え過ぎてちっとも素直になれない私。。。

こんな素敵な人達(お客さん含め、私と関わる全ての人達)に囲まれて
気がつかせてくれる自然も、動物も・・・

分かっているのに忘れている時の方が多い。
まだ、まだひよっ子・・・(泣)

と言う事で、先回よりもばっさりとまた髪を切りました。(かんけーないじゃん・・・)
伸ばした方がいいよと言われましたが、もー1回だけばっさりしてみたい!
何でかと言いますと、首の後ろ暑いですもん。。。
せっかちでめんどーな事嫌いな私。朝から髪をセットする
時間なんて作りたくなくて。。。一応、ボブなんですけど、多分この先伸ばす事は
なかろうと・・・


明日はおじいさまはみえるかな・・ 痛みが治まっているといいな。
[PR]
by yukayukalove | 2008-07-29 22:18