natural care life

carelife.exblog.jp
ブログトップ

私の近況

先月からレディースクリニックへ通院し始めました。そのうち楽になるだろう、そのうち身体も軽くなるだろう・・・店を閉めている事に近所の人も心配して下さっていましたが症状は一向に良くなるどころか悪くなっている感じがしていました。実際こんなに辛いのにどーやったら楽になるんだって思っていましたし、症状も人それぞれ出方もあるのですが、みんなこんな辛いの乗り越えたの?ってマジで?ウソだろーって。。。更年期の治療はみなさんに絶対やったらいけないと言われているホルモン治療のみと思っていましたからそんなおっそろしいもんやれるか!と思っていたので婦人科へ行くのが遅くなってしまったのです。。。

しかし・・・


ホルモン治療まで施すほどまだまだ大丈夫でしたし、ついでに女の大事な部分の検査も全て済ませて全く異常がなし。。。でも、先生に「更年期の重症で身体が女性の日になろうと頑張っちゃったから自律神経が乱れたね」と言われました。

先生は女性です。私と年がほぼ一緒・・・看護士さんも私と同い年。私の辛かった1年間の話をちゃんと聞いて頂きまして「どーしてもっと早く来なかったの!!」と怒られました。
先生も看護士さんも皆さん自身が治療をしながらお仕事こなされていました。
その姿に衝撃を受けましてこの先生にしばらくはついて行こう。そして上手に更年期を乗り越えられたら良いなと言う気持ちが湧いて来たので通院している所です。

漢方薬とプラセンター治療をしています。病院はいっつも満員で予約制ですが待ち時間1時間は当たり前と言う感じ。。。私はプラセンターだけなので30分程で終わりますが、先生の診察を受ける時は時間がかかります。。

でも、行くだけで安心する。出産した以来の婦人科ですが女性は特に大切な場所の検査はやはり定期的に行った方が良いと思いました。異常があればすぐ超音波で見てもらえるのでそれも通いだして安心出来る事と思いましたね。。。

更年期=ほっときゃ治るでは無いようです。
本当に怖い。。。と前に弟の嫁に言われましたが本当にそうです。看護士さんに色々な方の症例などを聞きましたが私も危ない一歩手前でしたから・・・体重が44kになってしまい、どんだけ食べても身になってくれず(食欲だけはある)やつれ始めて来たと言うか、しんどすぎて憔悴しきっていました。。。

いつもの癖で色々書きたい私ですが、やめときます(爆)

そして、プラセンターを受けてかなり症状が改善されていると言う実感があり、私には合っていたのだなと言う事をこの前先生や看護士さんと話をしていた所です。身体も軽くなり、動悸も無くなりました。落ち込む事もなくなり、イライラする事も無くなりました。ただ、女性の日が近づくと少し身体もしんどくなりますが何とか過ごせるまで回復しました。でも、まだまだ時間はかかるようです。
1年もその症状を放っておいたのでいくらプラセンター治療をしていても劇的に回復はしません。
少しずつ元気になっていく感じです☆

「長友さん、これからはもっともっと自分を大事にして、もっと自分に優しくしてあげてね。絶対元気になれるから大丈夫! 今日、ここに頑張って来てくれたんだもん。大丈夫だからね!」と看護士さんになだめられてクリニックで号泣した私。。。

ちなみにプラセンターは母乳の出が悪い産後にも使われます。怖い物ではありませんし、婦人科へ通わなくても美容でも使われていますが、その場合は実費だそうです。私の場合は「更年期障害」と言う病名が付いているので3割負担で治療しています。

皆さんが恐れているホルモン治療もちゃんと説明を聞いて、毎年検査を受け、指導に従って治療をすれば全く怖くない物だと言う事も聞きました。ピルも同じです。合う合わないもあるのでその辺りはやはり先生とのコミュニケーションも大切かと思いました。

私の場合は今、その治療を始めれば身体は劇的に楽にはなるけど、ホルモン値がオーバーしてしまうので必要無いとの事。これから先は必要になって来るかもしれませんけど、地獄のような1年を過ごしてしまった自分としては死ぬまでその治療をする訳でもないし、これから先何年、生かさせて頂けるかわかりませんけど、精一杯命がある限り楽しく、元気に生きて行きたいと素直に思ったのでこれまで以上の辛くてしんどい症状が度々襲って来るのであれば必要なのかもしれないと思うのでした。

もう、意固地に「自然のままで」も言っとれん状況になれば誰でも考える事だと思います。
自分の身体は自分で守るしかない。それにつきました。

今まで病気一つしなかった事に感謝をして、子供も大人になった事だし、これからは自分を大事にする事に集中して暮らして行こうと思っている事です。更年期は病気ではない病気「不定愁訴」その物だと実感した所です。

私は編み物で救われました。趣味がある、好きな事があるって本当に大事な事だなって実感です。
「長友手芸部」(笑) 発足で第一号は姪となりました☆編みともも大切な宝です。

長い文章読んで下さりありがとうございました。
近況でした☆
[PR]
by yukayukalove | 2013-11-29 21:32